2005年07月27日

職場でのパレートの法則

あなたはパレートの法則をご存知でしょうか?
昔、イタリア国の財産や資産を調査した
経済学者パレートは、その財産や資産の約8割は
イタリア国民のほんの2割の人々から
生み出されていると言うことを発見したのです。

この法則は不思議なことに、
我々を取り巻くほとんどの現象に当てはまります。

例えばあなたがよく知っている働きアリは、
エサの採取や自分たちのコロニーを作るため、
実際に働く個体は全体の2割、
残り8割は何をする訳ではなくウロウロするばかりで、
我々人間の衣食住といった生産活動の視点から見ると、
一見この8割の存在価値がない様に見えます。

ところが面白いことに、
この全く働かない8割を隔離してしばらく放置すると、
働くもの2割、働かないもの8割ときれいに分かれるのです。
(あたなもアリを捕まえて実験してみると体験できますよ。)

一方、働くもの2割同士を
集めたスペシャル集団をつくった場合、
今まで働く2割に属していたにも関わらず、
やはり8割が働かないもになってしまうのです。
(ITプロジェクトを優秀な社員で構成しても、
必ず成功するという保証はないですよね。)

現在アメリカでは、この8割の存在価値と、
この8割が残り2割に与える影響などについて、
科学的、生物学的側面から必死に研究しています。

さて、このパレートの法則をあなたの会社に
当てはめたらどうなるのでしょうか?
一見、存在価値が無いような社員は
いないように思うかもしれませんが良く観察してください。
彼らは仕事をしているのでしょうか?
それとも単に作業をしているだけなのでしょうか?
言われた事を正確、かつ迅速こなすことができる社員は、
2割の集団でしょうか?8割の集団でしょうか?
他と協調せず独りでバリバリ仕事をする社員は
どちらの集団に属するのでしょうか?
協調しているかに見える人たちはの集団は、
金儲けのプロ集団でしょうか?
あるいは単に仲良しで傷を
慰めあうだけの仲良しグループでしょうか?

そして最も重要ですが、
あなたはどちらなのでしょうか?

答えはすでにお持ちのことと思います。
自分のライフスタイルを明確にし、
少なくとも自分自身が
納得するビジネススタイルを確立すれば、
見えている部分や気付くことが
広がりもし、狭くもなることでしょう。
また、あなたが抱えているさまざまな問題に対し、
どのように対処するか、
こと細かくその行動に表れることでしょう。
会社員の場合どんな言い訳をしても、
十中八九の確率で
あなたの性格、人間性、志向、スキルなどは、
とうの昔に会社側や周りが見抜いています。

あなたが会社でダメ人間であっても、
その欠点は問題になりません。
2割の集団になれる
得意分野や居場所が必ずあるはずです。
そこでの行動が、2割の集団に属するか、
8割の集団に属するかを左右するだけのことです。

必ずあなただけの居場所を見つけてくださいね!

関連書籍

Copyright guy@かしらもんじ でぇ〜

posted by guy at 06:48 | ビジネススタイル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。